ねぎらい学アカデミーは、職場や家庭での対人関係の悩みを感謝で解決!「感謝の処方箋」

「売上は、○○の数で決まる」

今日から11月ですね。

今年も残り2ヶ月。

色々、整えていきたいと思っています。

その前に、まずは、棚卸を。

自分がこれまでやってきたこと。

大切にしてきたこと。

変わらないことや、変わったこと。

今、また改めて思い出したいこと。。。

少し、立ちどまって、綴っていきます。

 

 

で「棚卸」する上で、

ありがたいことに、自分には、とても、

便利なものがありました。

 

それは、

僭越ながら、「著作」です。

 

初めての出版が、17年前。

*長男が産まれた年なので、覚えやすい・・・。

基本、「前向き」なので(え?)、

「次、なにやろう?」

にばかり、エネルギーが向きがちですが(苦笑)

これまで、綴ってきた言葉を改めて読み返すと、

「ええこと書いとるやんけ」

と、思うこともしばしば。。。(すみません、、、じがじさん)

改めて思うのですが、

本質的なことって、やっぱり、何年経っても変わらないし、

起業当時から、大切にしてきたことは、やっぱり、

今でも大切です。

だから、そんな大切にしたい言葉の数々を、

拙著の中から、抜粋して、

ご紹介していきますね。

自分自身も、

もう一度、噛み締めたり、味わったりしたいな、と思っています。

ぜひ、ご一緒に。

【本からうけとるメッセージ①】

――売上は、幸せになった人の数で決まる――

起業当時、

懸命にビジネスについて、学んだ時期があります。

上手くいってる人や、企業や、ビジネスは、何が違うのか?を、

ひたすら、分析しました。

たどり着いた答え。

 

なんか、幸せそうなんですよね~。

 

あ、なんか、稚拙な表現ですみません、、、。

でも、やっぱり、ここが、ビジネスの根幹。

やってる本人はもちろん、

何よりお客さまが。

そして、
一緒に働いているチームも、「幸せ」であること。

 

でなければ、何のためのビジネスか、

わからなくなってしまう。

 

ここで、大切な「問いかけ」は、

 

「私が幸せにしたい人は、誰なんだろう?」

 

「どうやったら、幸せにできるのだろう?」

 

この2つの問いを、ひたすら、し続けることだと思うんですよね。

 

例えば、ビジネスがうまくいかないとき、

要因は明快です。

人を、幸せにしてないから。

幸せにしている、つもりになってるから。

もしくは、幸せな人が、増えてないから。

或は、

自分が幸せになっていないから。

 

時に立ち止まり、考えることが、必要ですね。

 

私も、また、ここから、始めようと思うのです。

 

――目の前の人を幸せにするために、何ができますか?――

 

・・・ということで、

これまで、自分が綴ってきた言葉を、
出し惜しみせず、お届けしていこうと思います。

少しでも、お役に立てたら、幸いです。

今日の一冊
「幸せな売場のつくり方」(商業界)

http://amzn.asia/3oehDU7