多くの人は、無意識に人の悪口を言う。

【思考のクセは、少々めんどくさい】

 

誰にでも、「クセ」ってありますよね。

例えば、自分の場合。

考えごとをするとき、

どうやら、下唇をつき出していることが多いらしく(ハズカシ-)、

子どもたちから、

「かあちゃん、また変な顔してる――!」と爆笑されるのですが、

もちろん、無意識にやってしまっており、

言われて初めて気づくんですよね。

これって、「思考」や「感情」にも、同じことが言え、

無意識に、「癖」や「パターン」に陥っていることがあります。

 

あるクライアントさんとお話をしていたときのこと。

彼女から、

「職場が暗い」

「みんな、陰で人の悪口ばかり言っている」

「上司はいつも怒ってばかり」

と、職場の不満が出てきました。

 

彼女曰く、

「私は、人の悪口は嫌いなんです。

そういうの聞くと、ホントに気分が悪くなるんですよー」

うんうん、よくわかります。

悪口、陰口は、職場においては、

百害あって一利なし、と、私も思っています。

 

 

ところが、話を進めていくうちに、

彼女の口から、

 

「でも、○○さんって、頼りないんですよ~~」

「確かに、そういう面では尊敬してますが、でも、知ってます?

実は、△△は、まーったくできないんですよ、あの人」

「ああゆうところは、どうかと思うんですよね、上司のクセに、って思っちゃう」

 

 

おやおやおやおや。

それ、立派な悪口。

 

「それ、悪口になってません?(笑)」

と私が言うと、

 

「え?!そうですか?そんなつもりじゃないんですよ」

と、慌てて否定する彼女。

つまり、無意識、だったんですよね。

 

 

更に聴いていくと、彼女の口から、こんな言葉が出始めました。

 

「どうせ、誰も褒めてくれないんで」

「結局、結果を出せてないんで、誰も認めてくれないんです」

 

典型的な「ねぎらい不足」に、彼女は陥っていました。

 

 

 

「ねぎらい」が足りないと、どうしても「承認欲求」が強くなります。

 

「もっと、認めてください!」

「私だって、頑張ってるんです!」

 

めっちゃ、わかります。

こんなに頑張ってるのに、どうしてねぎらいの言葉一つかけてくれないのか。

もし、そんな風に感じたとしても、

あなたは、何ひとつ悪くありません。

 

思考のクセが出るのは、そのあと。

 

 

「人から認められようが、認められまいが、

目の前のことをコツコツと続け、やがて、本当に結果を出す」

こんな素晴らしい人もいらっしゃることでしょう。

 

「ちっくしょーーー!!今に見てろ!

いつかきっと認めさせてやる!」

 

と、逆境をエネルギーに変換し、

結果が出るまで頑張る人も多いかもしれません。

 

そして、

自分の評価や、立ち位置を守りたいがために、

他者を、自分より低く評価してしまう人。

 

陰口、悪口の正体の多くは、

これなのではないか?と、最近は思うようになりました。

 

 

その後も、彼女の

「他者の評価を下げる行為」は続きました。

 

でも、それは、

彼女自身の評価を下げる行為でした。

 

 

もし、認めてもらいたいのなら、

カラッカラの承認欲求を、満たしたいのであれば、

 

他者を下げたところで、何の解決にもなりません。

 

ところで。

なぜ、彼女は、他人を下げてまで、自分を守りたかったか。

ここ数年の間に、彼女をとりまく環境は激変し、

彼女は慣れない職場で、

初めての業務に四苦八苦しながらも、

懸命に結果を出そうとしてきました。

「誰に聞いても、知らない、わからない、って言われるんです」

「そんなやり方じゃダメって言われるんですけど、じゃあどうしたらいいか、

誰も教えてくれないんです」

 

さぞかし、不安で、イライラもしたことでしょう。

やがて、

「どうして、自分だけが責められるのか」

そんな風に感じたとしても仕方なかったのかもしれません。

 

 

 

あなたの周りに、もし

「ネガティブな感情」に苛まれている方がいらっしゃいましたら、

その背景に、少しだけ想いを寄せてみませんか?

そこから築いていける、関係性も、

また、一つの答えだと思うのです。

 

なぜ、そんな感情になるのか、そんな言葉が出るのか、そんな行動に走ってしまうのか、

まずは、知る。

知ろうと努力する。

知れば、自然に

「本当に、よく頑張ってきたね」

「それは、苦しかったね。よく我慢したね」

「大変だったね、よくやってきたね」

そんな言葉が、自然にかけられるかもしれません。

 

これが、ねぎらいです。 

 

褒めなくていい、

知って、寄りそい、言葉をかける。

相手が、前を向き始めるのは、その後、です。

 

「人間関係が一気にうまくいくねぎらいの魔法」(三笠書房「知的生き方文庫」)

 

 

【本にも登場した、「ねぎらいの魔法」を体験してみませんか?】

 

詳細・お申し込みはこちらから。

↓↓↓

「ねぎらいの魔法」を体感!ねぎらいフォーラムスケジュール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA